黒人ってやっぱりすごいのですね

ジミヘンのヘイジョーって、晩年のヴードゥーチャイルほどではないにしても、ギターの原点が確立されていますよね。
ジミヘンさんって、ギターのリズム感が本当に凄いと思いますね。
ああいう風にギターが手の感覚になるなんてそうはないと思いますしね。
勿論新しいものを考案して、ギターの歴史では一位になる人ですが、この人って、やっぱり、尊敬できる人です。

なんというか、前も書いたリトルリチャードのように黒人で、オールウェイズや、ブルース、ジャズはあったけれど、ロックの基礎を作った人っていうと、ジミヘンという感じですよね。
若い時に聞いたら、何とも言えず、古臭い音のように思えてくるのですが、今聞くと結構良い音だと思っています。

ジミヘンにしても、ブルースジャズのプレイヤーの凄い所は、その人たちが楽譜とは無縁な世界から、一気にポピュラー音楽を白人を巻き込んで作り上げたという所がすごいと思いますね。
新しいものを作るのは、大体目立たない所に黒人音楽がとても多いと思っています。
だから、今後も新しいものも作っていくのに、黒人の音楽は消えないのでしょうね。

ラップやヒップホップなども、黒人ですし、バスケだとかでも、黒人が成功したら、受けますものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です