相互の意思の疎通が取れていない

そういえば、書いたと思ったのですが、親のクレジットでビール券を300枚買いました。
それが原因で親も悩んでしまったのかもしれません。
今回は少し違う角度で考えてみると、あれなのですが、父の支払い能力はあるものの、誠実性に欠けているというのが、困っている部分です。
次に、年も70近いために、中々、頑固になりすぎているのと、それと一緒に、極度の口下手でストレートに物事を相手に伝えられないという面でしょうか。

率直にこうだと言ってもらえると、自分としては話が早いのに、あの人の言い回しがよく分からないので、こうなっているのです。
自分としては、先に母のクレジットは返すつもりでいますが、問題は年金を一括返済しなくてはならないので、そのために、必要なのが、お金になってくるのですが、それを父が踏み倒さないか心配だというのがありました。
ただ、一応長い目で見ていると、本当に父も身から出た錆とはいえ、お金がないという事と、金に拘りすぎて、周りが余りにも見えなくなりすぎているという所があります。
そこだけですね。
つまり、意思の疎通が取れていないために、相互で何を言っているのか分からないという風になっているのです。父は父で考えてはいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です