春の陽気と春の思い出

急に気温が上がった今日。
すっかり気分は春ですね!
花粉も気になるところですが、暖かくなることはやっぱり嬉しいものです。

春といえば、いろいろなおいしい食材も出てきますね。
新キャベツや新玉ねぎ、新じゃがいもと「新」がつくものはもちろん、たけのこやヨモギも旬となるこの時期。
田舎育ちの私にとっては、祖母がたけのこを持ってきてくれたり、家の畑でヨモギを収穫して、
草もちを作ったりしていました。
子供ながらにそれらが食卓に上ると、春を感じてワクワクしたものでした。

たけのこは、収穫を手伝うときもありましたが、たいていは離れて暮らす祖母が収穫して、
母がすぐ料理できるように下ごしらえして持ってきてくれました。
その際はたけのこのみならず、イチゴなどもたくさん買ってきてくれて。
ヨモギは一緒に暮らしていた祖母と、鎌の使い方を教わりながら、温かい日差しの中収穫して、
水で洗って母がゆでている間にお餅を用意して。
真っ白なお餅がヨモギできれいな緑色に染まっていく光景を、今でも鮮明に思い出します。

今では実家を離れて暮らしているため、たけのこも家に届きませんし、
ヨモギの収穫も手伝いませんが、この日差しが暖かくなる時期は、たけのこや草もちが異常に食べたくなりますね。
祖母に、処理の仕方とか作り方を、ちゃんと教わっておけばよかったな…。

そんな春の思い出を、なんだか懐かしく思い出した今日の暖かな陽気でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です