こどもの発熱

先日、2歳の次女が「腕かゆい、お医者さんいく」と言いだし、金曜日の夜だったので「月曜日に皮膚科のお医者さんに行こう」という話をしていました。

ところが前日の日曜日になり5歳の長女が発熱してしまいました。昼頃に38.3度、夕方になるにつれて38.5、38.7、38.9とあがっていき39度目前になって下がる様子もなく、季節がらインフルエンザなどではないかと私も不安になり、主人に次女を見ててもらって長女を休日診療に連れていくことにしました。

また運の悪いことに休日診療の施設に着いた時間が午後5時すぎで、昼間の診察は終わり、夜七時から夜の診察ですとのことでした。こればかりは仕方がない、きちんと調べてこなかった私が悪いので、長女に謝りながら一旦帰宅しました。

家に戻ってしばらくして熱を測ったら38.4度、しばらくして測ったら37.7まで下がったので、そのまま休日診療へは行かずに様子をみることにしました。
朝になり熱を測るともう平熱でした。なんの熱だったのか・・・。今日は月曜日ですが、まだ安心できないので、幼稚園を休ませて様子をみます。

結局、次女の皮膚科はまた今度・・・。なかなか冬は思うように予定がたてられません。これから魔の2歳児の次女にお医者さんに行けなくなった旨を説明しなければいけません。納得してくれるか不安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です